top of page

'23/11/17 障がいお役立ち情報№75(障害認定基準-そしゃく・嚥下機能➁)


「自身も障がいを抱える社会保険労務士・行政書士が親身になってご対応します!」

     をコンセプトに掲げている障がいに関する行政手続支援を専門とした事務所です。

障がいに関する行政手続でお困りではありませんか?

視覚障害(右眼失明)について、 

「障害等級5級の身体障害者手帳」 を所持し、

「障害年金2級」      の受給権者である

   私自身がちょっとしたことでもご相談に乗りますので気軽にお声かけ下さい!

(初回相談料は無料です!)



 今回はそしゃく(※1)・嚥下機能(※2)の障害認定基準に関して、「障害の認定要領➁( 3級&障害手当金 / 厚生年金保険のみが対象 )」「その他の留意事項」について書いていきます。

(※1)「そしゃく」

     ➾ 食べ物を噛み砕いて唾液と混ぜ合わせ、やわらかく飲み込みやすい食塊(しょっかい)

にすること。

   (※2)「嚥下機能」

     ➾ 口の中で噛みつぶした食物を飲み込み、続けて胃に送る機能のこと。

【「そしゃく・嚥下機能の障害」の認定要領➁】

障害等級3級「そしゃくの機能に相当程度の障害を残すもの」( 厚生年金保険のみが対象 )

  下記❶と❷のいずれかに該当する場合となります。

  ❶ 経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないためにゾンデ栄養(※3)の併用が必要なもの

   (※3)ゾンデ栄養

     ➾ 経管栄養のこと。主として鼻腔からカテーテルを胃の中に挿入し、留置したままで栄養

       物注入する仕組みになっている。

  ❷ 全粥か軟菜以外は摂取出来ない程度のもの

障害手当金「そしゃくの機能に障害を残すもの」( 厚生年金保険のみが対象 )

  ある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のも

 ののことです。

  また、「障害手当金」相当の場合で症状が固定されていない場合は「障害等級3級」として取り扱

 うこととなっております。

【その他の留意事項】

歯の障害による場合

  補綴(ほてつ)(※4)等の治療を行った結果により認定されることとなっております。

食道の狭窄、舌・口腔・咽頭の異常等により生じた嚥下の障害

  そしゃく機能の障害に準じ、摂取できる食物の内容により認定されることとなっております。

   (※4)補綴(ほてつ)

➾ 歯科治療における補綴とは,歯が欠けたり、なくなった場合にかぶせ・差歯や入れ歯など

      の人工物で補うことを指す。

今回はそしゃく・嚥下機能の障害認定基準に関して、「障害の認定要領➁( 3級&障害手当金 / 厚生年金保険のみが対象 )」「その他の留意事項」について書きました。ところで、障害等級認定の項目には「そしゃく~」となっており、「嚥下機能」については記載がありません。「そしゃく」ができれば「嚥下」ができるし、「そしゃく」ができなければ、「嚥下」もできない、ということなのでしょうか???始まりの部分に「そしゃく」と「嚥下機能」について記載しましたが、まったく別の機能のように個人的には感じております。皆さんはどのように感じられますか?さて、次回から「音声又は言語機能の障害」について書きたいと思います。


最後までお読み頂きありがとうございました!


【参考文献】

・医療・福祉・年金相談の現場で役立つ!障害年金実務必携 / (株)日本法令 /

                            令和2年4月1日初版2刷 / 加賀佳子 著

・知りたいことが全部わかる!障害年金の教科書 /

         漆原香奈恵・山岸玲子・村山由希子 / (株)ソーテック社 / 2019年12月31日

・日本年金機構 国民年金・厚生年金保険 障害認定基準「01.pdf (nenkin.go.jp)

Kommentare


bottom of page